最初にお断り

このブログは思ったことを書いているので、選手に対しても、チームに対しても、ストレートで非常に厳しい表現を使用することがあります。
選手の批評も「いつ、どこで、どのように」まで書いていきたいと思います。
結果的に、横浜F・マリノスサポータをはじめとするサッカーファンの気分を害する可能性が多分にあることをご了承下さい。(。-∀-)ニヒ♪
あ、賞賛することもイッパイありますからね・・・(-_-)b
また、コメントは『管理者のみ閲覧』できるコメントであるなしに関わらず、公開し、記事にする場合がありますのでご注意ください。(。-∀-)ニヒ♪
まぁ、私のブログなんか注目に値しませんからね・・・そんなブログに文句つけるバカもいないでしょうけど一応ね・・・

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

イライラの原因

決勝トーナメントを数試合見ていて思った。

ブラジルVSチリ
オランダVSメキシコ
フランスVSナイジェリア
スイスVSアルゼンチン
オランダVSコスタリカ

ブラジル、オランダ、フランス、アルゼンチンら強豪国は、死闘の末、勝ち抜いた。


だが、その強豪国がどうこうではない。
その対戦相手が使う言葉こそが、

「できた」「やれた」

なんだろう。


イライラの原因

「日本はもっとやれたはず」
「自分たちのサッカーができなかった」

ってやつ?


やれたはず?できたはず?

だったらやってくださいよっ!!やってませんよっ!!その戦術とメンバーじゃやれないのっ!!



できなかった?

やらせてもらえなかっただけでしょうがっ!!防がれただけですよっ!!


プレッシャーに負けた?チーム事情が悪かった?

そういうのも含めて「力」って言うのっ!!

コンディションが悪かった?

涼しいところでコンディション調整して何言ってんの??

ヘンな言い訳するんじゃねぇっ!!「途中で諦めました。力も気力も勝つ気も技術も精神力も足りませんでした。」だろうがっ!!

「自分達の力でこのやり方では世界には通用しません。所詮私達じゃどうにもなりません。」だろうがっ!!






イライラは敗退したからではなく、もっと違うところのあった。


イライラは敗退後の「もっとできたはず」コメント。そして、

選手がプレイを反省していて、力不足を認めている。

そこがイライラの原因。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

ちがう

ちがう・・・

おかしい・・・

この気持ちは勝ち負け云々ではない・・・



たとえ全敗であってもいい

諦めのつく大会がずっと続いていた


数十年生きていて

初めて

「まぁ、仕方ないよな・・・」

とどうしても思えない・・・


「これが日本」

とどうしても思えない・・・




技術は関係ない



日本人全選手に代わって


全員が一丸となって


4年間の重みを持つ試合を


戦っているようには


とてもじゃないけど見えなかったから



なんじゃないか・・・?


どこかのリーグ戦の中の1試合
もっと言えば練習試合


のようにしか見えなかったからじゃないか・・・?



そう


たとえば



限界




たとえば


選ばれた責任



たとえば


気迫




たとえば


死に物狂い




もし、そういうことを出せないのなら、


代表チームではなく
代表選手でもない


サッカー選手の人数×1460日の人生を奪っているからには

国民もサッカー選手も納得がいくサッカーを見せてほしい



国民が

選ばれなかった選手の気持ちを考えてしまうような

そんなサッカーは二度と見たくない



時は二度と戻らない


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

次に向けて

グループリーグは3試合しかない
勝ち点、得失点差で順位を決定する

そして、強豪チームは早い攻撃、個の突破力、守備力を持っている。

ならば、その早い攻撃をどうにか防ぎ、機を見て攻撃に転じて、点数を入れるしかないだろう。

攻撃側から見ると、1点取られても2点取れば勝ち。
守備側から見ると、1点しか取れなくても0点に抑えれば勝ち。

取る力
抑える力

この両方が備わってこそ強豪国なのだが、
現在、欠けているのはどちらかと言うと「抑える力」だろう。
6失点という結果以外に、数年間の格下との戦いでも明らかだ。


強豪国と対戦し、3点をボーダーラインと仮定して

3失点する
3点を取る

どちらが多いだろうか
あえて言うなら、「3失点する」ほうが多いと思う。

その結果、3点以上取れずに勝ち点を逃すことになっている。

だいたいどの国でも、3得点というのも至難の業だ。


ならば、守備力を強化し、最低2失点に抑えて、その場合には2点以上取れるよう努力する





2失点の試合で

A.確率は相当低いがラッキーにも3点取れた場合
 「勝ち点3・失点2・得点3以上・得失点差+1以上」

B.確率は低いが2得点できた場合
「勝ち点1・失点2・得点2・得失点差0」

C.負けだが1得点できた場合
1得点「勝ち点0・失点2・得点1・得失点差-1」

D.得点なしで負け
「勝ち点0・失点2・得点0・得失点差-2」




もし、1失点なら、1点以上取れるように努力する



1失点の試合で

A.確率は低いが2得点以上できた場合
 「勝ち点3・失点1・得点2以上・得失点差1以上」

B.1得点できた場合
「勝ち点1・失点1・得点1・得失点差0」

C.得点なし
「勝ち点0・失点1・得点0・得失点差-1」




もし、無失点なら、0点以上取れるように努力する

A.1得点以上できた場合
「勝ち点3・失点0・得点1以上・得失点差+1以上」

B.得点なし
「勝ち点1・失点0・得点0・得失点差0」


こう考えるのがグループリーグの戦い方だろう。
3試合あるので勝ち点3(全試合引き分け)が最低条件
滅多にあるとは思えないので、事実上は勝ち点4だろう
得点の少ない日本のグループリーグ突破には、
どうやったら少ない得点で引き分けを勝ちにして勝ち点3を得られるか
どうやったら少ない得点で負けを引き分けにして勝ち点1を得られるか
どうやったら少ない得点で得失点差のマイナス値を0に近付けることができるか
だ。



奪えば攻めにつながる
奪えなければ攻めることさえできない
人間は必ずミスをする
奪われないようにしているつもりでも必ずいつか奪われる

「奪う・防ぐ力」をベースとして
ついでに「攻撃力」が強い

これがないと強豪国の仲間入りは絶対にできない


今回は

奪う・防ぐ力

が弱かったがために攻撃力を生かすことができなかったと思う



3得点が難しい 3失点では苦しい それは強豪だって同じ


だったら、


4得点できるチームを作るよりも

2失点以下に抑えることのできるチーム

を作れば、グループリーグ突破に可能性が出てくる気がするんだよね。



もし1失点に抑えることができるチームができたなら、

グループリーグ突破の可能性は更に高くなるって。


そして、
魂でプレイする
ファウルを怖がらない
しつこいプレイをする

自分がやられたら嫌だと思うことを好んでやるって日本人は向かないかもしれないけどさ



守備のチームにしろという意味じゃなくてさ

相手が得点を取るのが楽に感じるチーム作りはしない

だよね

メンタル的に「キツイっ!」って思わせないと



なんかグダグダになったな・・・



要は

次はもうちょっとリスクマネージメントできるチームつくろうや!

ってことっ!
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

最近の記事

最近の記事はいつものように冷静に書くことができない。
私は最近、怒ってばかりいる。

予想通りだっただけに
涙と怒りでいっぱいだ。

4年間きっとダメだろうと思い続けてきたんだから。
こっちは何もできないのに。
託すことしかできないのに。


ふざけるな。


日本の選手たちを使って、
自分の思いついた過去にないやり方をテストしてもらっては困る。
しかも通用しそうにないやり方でだ。
日本を実験材料にしやがって。

おかしな年齢制限と偏見で人選するな。
他国では2度とそうしないつもりだろうが。

責任取るなら本戦前に責任を取れよ。

素人でも通用しないとわかったんだから、
プライドを捨てて方針を変えろよ。
この素人以下が。




できないなら辞退しろ

自分より実力が上の選手がいると思うなら、
その時点でお前は代表じゃないだろう

テレビ的な反省コメントはやめろ
本当はそんなことはこれっぽっちも思ってないだろう

おかしい、これではいけないと思ったら監督にだって強く意見するべきだ
私は納得できなければ社長にだって怒鳴り散らしている

1億円という間違った評価で錯覚するな。
たいしたこともできないくせに。

本当は、海外に移籍したというその事実だけが
選出理由だということに気が付いているくせに。


所属リーグの試合じゃないんだよ。
サッカーを知っている人から知らない人まで見るんだ。
ワールドカップでは日本の選手の評価まで決まってくるんだよ。

そして、Jリーグのレベルまでこの程度だと思われかねないだろうが。

Jリーグを知らない人は、もしかしたら、

「代表選手がいるからそのチームがすごい」

って思うかもしれないじゃないか。
Jリーグの選手の結果とプレイがあれでは、

「Jリーグは相当低レベルなんだな」

と思うかもしれないじゃないか。

「Jリーグなんて見る価値もない」

と思うかもしれないじゃないか。

そして、

フォワードは川崎やセレッソが1番
ミッドフィルダーはガンバ大阪と広島が1番
ディフェンダーはガンバ大阪が1番

こんな大きな誤解を招くかもしれない。




ふざけるな。




まだまだありますけどね。


あ、いつもどおり、ただ思っただけなんで!

素人の戯言ですからね!
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

「心」

ザッケローニのうまい選手を見る目が確かだと仮定しての話しになるが、
あのチームは言うなれば「心のないチーム」なんだろう。

スポーツは「心・技・体」の3つから成り立つというではないか。

心と体の部分が欠落していたのかもしれない。

いや、体の部分があったとしても、

「心」

これはなかったように思う。


最低でも、「心」の備わっていない選手がいたことは確かだろう。
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ

Appendix

プロフィール

best4

Author:best4
ブログ青い魂(赤いところで)を書いているkeikeiの夫です.
マリノスのサポーターでもないのに、結果的にマリノスの試合を全試合見ています・・・

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。